過払い&債務整理(任意整理・破産・再生など)は、名古屋の堤総合法律事務所へご相談ください

債務整理HP 名古屋

愛知県名古屋市中区丸の内二丁目17番12号 丸の内エステートビル303号
借金問題の無料相談 052-222-6110
借金を減らそう!取立てを止めよう!
自己破産 個人再生 任意整理 過払い金返還請求
債務整理HOME
事務所紹介
弁護士紹介
料金表
アクセス & 営業時間
ご相談から解決までの流れ
当事務所の特徴 • ポリシー
自己破産
法人破産
個人再生
任意整理
過払い金返還請求
Q & A
リンク
判例
サイトマップ
MAP
堤総合法律事務所
弁護士 堤創(つつみはじめ)
名古屋市中区丸の内2-17-12
丸の内エステートビル303号
TEL: 052-222-6110

自己破産(個人):着手金18万9000円より、報酬(原則)0円
 着手金は、債権者数が4社までの場合、18万9000円(税込)です。 保管金(官報公告費用等)・印紙代・切手代の実費は、着手金に含まれます。但し、管財人事件の場合を除きます。報酬金は、原則としていただきません。

>> 自己破産(個人)について

自己破産(法人):着手金52万5000円より、報酬(原則)0円
 着手金は、負債総額が1億円未満の場合、52万5000円(税込)です。別途、予納金、保管金(官報広告費用等)、印紙代、切手代が必要です。 報酬金は、原則としていただきません。

>> 自己破産(法人)について

任意整理:着手金2万1000円(1社)、報酬(原則)0円
 着手金は、1社につき2万1000円(税込)です。報酬金は、原則としていただきません。 但し、過払い金返還を受けた場合(交渉)、報酬金は、取り戻した金額の範囲内で減額総額の1割+取り戻した金額の1割5分+税となります。

>> 任意整理について

過払い金返還請求(完済・交渉):着手金(原則)0円、報酬15%+税
 着手金は、原則としていただきません。報酬金は、取り戻した金額の1割5分+税です。
 裁判を提起した場合には、別途、弁護士費用がかかります。
 なお、残債務がある場合は、任意整理として受任することになります。

>> 過払い金返還請求について

平成23年7月1日改訂、平成23年7月1日以降の受任に適用

依頼をする際に、受任する弁護士と面談する必要があります。

弁護士 堤創 堤総合法律事務所
弁護士 堤創(つつみ はじめ)

借金のことなら、弁護士にご相談を!

収入が減り、借金が返せなくなってしまった • • •
借金地獄(新たに借金をしなければ、借金を返せない)から抜け出したい !
家のローンは支払いたいが、貸金業者からの借金を減らしたい。
払い過ぎた利息が戻ってくるって本当 ?

当事務所は、借金(サラ金 • キャッシング • クレジット • 住宅ローンetc)の問題について、あなたにとって最善だと考える解決方法をお示しいたします。

借金の3つの解決方法(自己破産、個人再生、任意整理)及び過払い金返還

借金と言っても、人によって、借金をした理由はもちろん、借金の総額、貸金業者の数、利息、取引をした年数も違いますし、収入、財産の状況も違います。 そこで、借金問題を解決するためには、あなたの借金の状況や経済的な状況等を検討した上で、最も適切な方法を選ばなければなりません。 そして、借金問題の解決方法(債務整理の方法)は、大きく分けるとすれば、「自己破産」 • 「個人再生」といった裁判所に申立を行う方法と「任意整理」といったそれ以外の方法があります。 また、長期間にわたり高金利による取引が場合には「過払い金返還」を受けることができる場合もあります。 まずは、それぞれがどんな方法かをご理解していただき、あなたにあった借金問題の解決方法(債務整理の方法)を選択されることをお薦めします。

●自己破産
「破産」とは、あなたの財産をお金にかえて、債権者(貸金業者等あなたに対する請求を行うことができる者)に対して公平に分配する制度です (財産の額 • 種類によっては、分配する必要がないものがあります)。そして、破産の申立を自ら行うものを「自己破産」と言います。
破産手続開始決定後、「免責許可決定」を受けることにより、残っている借金などの支払を一切しなくてもよいようになります。

●個人再生
「個人再生」とは、借金等を減額した上で、減額した借金等を分割で返済していくという再生計画を裁判所に許可してもらい、残りの支払を免除してもらう制度です (収入、借金等の総額によっては利用できない場合があります)。
 また、住宅ローンがある場合にも、マイホームを手放すことなく、借金等の減額ができる場合があります。

●任意整理
「任意整理」とは、弁護士が、あなたに代って、貸金業者等に対し、個別に返済額や支払方法等について、交渉を行うものです。
貸金業者等からこれまでの取引の経過を示す資料(取引履歴明細)を提出してもらい、利息制限法の定める利息 (100万円以上15%、10万円以上100万円未満18%、10万円未満20%)に引き直した計算をした金額を基準に返済方法を交渉することになります。

●過払い金返還
これまで、利息制限法の定める利息(100万円以上15%、10万円以上100万円未満18%、10万円未満20%)より高い利息 • 金利で取引している業者が多くありました。
そして、取引の期間が長期にわたる場合、利息制限法に基づく引き直し計算をした結果、借金が減額されるだけでなく、逆にお金を返してもらえる結果になることがあります。 これを「過払い金返還」請求と呼びます。

地図 460-0002
名古屋市中区丸の内2-17-12
丸の内エステートビル303号
TEL:052-222-6110

↑ Page Top

債務整理HOME
事務所紹介
弁護士紹介
料金表
アクセス & 営業時間
ご相談から解決までの流れ
当事務所の特徴 • ポリシー
自己破産
法人破産
個人再生
任意整理
過払い金返還請求
Q & A
リンク
判例
サイトマップ
過払い • 債務整理は名古屋の堤総合法律事務所
Copyright(c)2009-2010 Tsutsumi sougou law office All Right Reserved.